FC2ブログ

Alchemy?こんな序盤で?

のんびりマビノギ&マビノギ英雄伝。西尾維新の物語シリーズ、やなぎなぎさんをこよなく愛しています。

終物語(下)-まよいヘル、ひたぎランデブー、おうぎダーク-


約1年ぶりの更新です!懲りずに更新するお。


取り溜めて見てなかった録画のように
買って読んでなかった小説を読了しました。


読む時間はいくらでもあったんですが、

その間の物語シリーズ関連の動きとしては、

憑物語がアニメ化したりしてたり、
目立ったことはそれくらいでしたが、

あとは一番くじが2度ほどあったくらいですかねw



ファイナルシーズンの1作目がアニメ化されたということは、

もう途中で全物語シリーズ全アニメ化が中止ってこともなさそう!(頼むよシャフト

刊行順でいくと次は暦物語なんだけど、

12話短編集だしこれはアニメ化抜かされるとすると

次は終物語(上)になるのかな??そこら辺は全く読めないけどw



そこそこで前置きは置いといて、

さあ今回終物語(下)
サブタイはまよいヘル、ひたぎランデブー、おうぎダークです。


1404_1920_1200.jpg

本屋さんで買った時が約11ヶ月前なんですが、

手に取った時覚えてます。

「なんやこのかわいこちゃんはwwだれなんやwww」


実際誰なのかっていうのが

西尾せんせーのあとがきを読むまでわかりませんでしたww

ある程度予想はついていたけれど、全然確信がなかったのでずっと疑問でした...
自分がただ鈍感なのかね。

でも読んだ人だけの秘密です・。・



そしてメフィスト掲載の「ひたぎクラブ」から10年経ち、
化物語刊行から今回が17冊目のシリーズとなるそうです。

ヽ〔゚Д゚〕丿 スゴイ!!



↑原作CM



今回もネタバレ無しの、感想等をgdgd綴る記事になりますが、

読んでどう感じたかというのは
やっぱり数日で忘れてしまうので早めにここに残す意味でも以下色々と。


青春は、「僕」がいなくちゃはじまらない。










今回の3つのサブタイトル、

「まよいヘル、ひたぎランデブー、おうぎダーク」は話がちゃんと続いてます。

(よかった、頭をこんがらがらがらずに済む...w)


「まよいヘル」の前話は、

暦物語の12話目「こよみデッド」からの続きとなってます。


このサブタイ、
そして先ほどの原作CM動画にも出てましたが、

物語シリーズのセカンドシーズン、
アニメもしくは原作を読んだ人なら「えっ」てなるはずなんですが。



まよい生きてるの!?



みたいなww

実際、元々幽霊な訳ですから、生きてはないんですがw

CM動画とサブタイで登場しちゃうのはネタバレ不可避やん・。・



そこについてはもう置いといて。




今作では、偽物語あたりから今までずっとテーマにしてきた

「正しさ」について追求、そして解釈、やっと答えが出た回だと思います。

阿良々木くんなりに。




正しいことをすることか。


間違いを正すことか。


どちらが正しいかを決めることか。






怪異と様々な物語をこれまで繰り広げてきた阿良々木くんが

それを振り返ることで忍野扇と、

いわば決闘をする話までが-おうぎダーク-だったのかなと思いました。







ここからは少し感想みたいな思わされたものを述べてみると、



なかなか、
自分がしてきた行動に、言動に対して振り返ることってそんなにないと思います。


個人的に自分はよく話ベタというか言い回しが本当にヘタクソなので、

楽しい会話をしてるはずなのに相手の気に障ってしまったり、

言葉にトゲがあるような言い方になってしまった時は、

よくその後でもう少しマシな言い方合っただろうと、

後になって自分を責めることもありますw




そういうのもひとつ、間違った時にはもう一人の自分が正しさを導いてくれたり、


または第三者がそれを示してくれることがあるかもしれません。




ですが、自分で間違いを気づけばいいんですけれど、

なかなか常日頃からは難しいことだと思いますし、


ましてや自分を知っていてくれてる第三者からの助言をもらえることなんて、

出来事にその人が絡んでたり、自分から話さない限りはもっと難しいかと。





ちょっと何が言いたいのかフワフワしてきたので、

何が言いたいかというと、


正しいことだけをし続けるのは難し過ぎて、あるいはできなくって、

正しいことをすればするほど比例して

実は正しくないこともしてしまってる、またはしなければならないということです。




いかに自分は正しいことしかしていないと豪語しても

それはきっと同じくして犯している不正に気づいてないだけ、

または忘れているだけなんだと思います。



まあ、ここらへんは終物語(上)の記事でも触れてますが・。・




そんでもって

最後に西尾せんせのあとがきの言葉を少しお借りすると。



『忘れる』っていうことは人間誰しもが持つ都合のいい最強の能力で、


過去を振り返ると

反省とか後悔とか色んな経験が成功に繋がってるとはよく言います。

しかし、苦い経験とか失敗談)があったことと

今成功しているということに果たして相関関係にあるんでしょうか。

今成功しているこということは、
過去の失敗は取り返しのつく失敗だったということから、

それはきっと失敗を忘れられるほどの成功を果たしたってことなんじゃないですかね。



その経験は決してなかったことにはならず、

ずっと引きずって行かなければならないとほどであればそれはもう不幸ですし、


それをも超える幸せを見つけた時には、

過去を忘却できるほど、上回るほどの未来を積み重ねたということなのかもしれません。








そんなこんなで、

途中から正しいとか正しさとかいう言葉を連呼しすぎて
ゲシュタルト崩壊しそうでしたが、

今回も『何度でも趣味で書きたい物語。―――西尾維新』

(前回は何だったかなw)






今回で色んな伏線が回収されて明らかになったことが多かったんですが、

個人的に読後の後味感はなんだかちょっとだけモヤっと感は残りましたw




最後にまだ『続・終物語』が残ってるのでまだ楽しみがある!

何やら、ネクストシーズン「接物語」とやらの告知もあるようですがwww

(おいいつまで続けるんや。)



今年中には次の『続・終物語』の記事が書けるように祈って・・・( ˘ω˘ )


( ´Д`)ノ~バイバイ


物語シリーズ | コメント:0 |
| ホーム | 終物語(中)-しのぶメイル->>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |